ブックスタート

燕市では、乳児健診の会場で行っています。絵本2冊、おすすめ絵本のリスト、イラスト・アドバイス集などをラッコの絵のついたバッグに入れて、ブックスタートのメッセージをお伝えしながらお渡ししています。

ブックスタートとは?

赤ちゃんの体の成長にミルクが必要なように、赤ちゃんのことばと心を育むためには暖かなぬくもりの中で優しく語りあう時間が大切です。

ブックスタートは、大人と赤ちゃんとのかけがえのない暖かなひとときを「絵本」を介して持つことを応援する活動です。

ブックスタートは、1992年イギリスのバーミンガムで始まりました。日本には、2000年の「子ども読書推進会議」で紹介され、現在「特定非営利活動法人ブックスタート」によって運動が推進されています。

絵本を使うといっても、硬く考える必要はありません。絵本を使うことは言葉がけのひとつの方法にすぎません。ですから、本に書いてあるとおりに読む必要もありません。赤ちゃんの様子をみながら、絵を指さして「なにがでてくるかな?」や「おいしそうだね」などでもよいのです。

まだことばの意味を理解できなくても、話す人の顔をじーっとみつめたり、指差してみたり、赤ちゃんなりの絵本の楽しみ方があります。赤ちゃんは家族や身近な人の声を聞くのが大好きです。ぜひ、「絵本」を使って語り合ってみてください。

「特定非営利活動法人ブックスタート」のホームページはこちら
http://www.bookstart.net

詳しくは燕市立図書館へお問合わせください。

このページの先頭へ戻る